×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘアケアのやり方とマッサージのポイント

ヘアケアのやり方とマッサージのポイント

髪の健康のためには、正しい髪のお手入れを自分で毎日続けることです。
シャンプー、マッサージなどで発毛を促すポイントをご紹介します。

 

ヘアケアのやり方とマッサージ

 

自分でできる発毛を促すヘアケアの基本として、
まず心がけたいのが次の5つのポイントです。

 

規則正しい生活のリズムを守る

 

バランスの取れた食事

 

適度な運動と十分な睡眠

 

正しいシャンプーと髪の毛の乾かし方

 

効果的な頭皮マッサージ

 

当たり前のことですが、なかなか続けられないのが忙しい現代人。

 

しかし、食事や睡眠、運動がバランスよく生活の中に組み込まれていることは、
発毛を促す基本と考えてください。

 

さらに自己流で間違ったヘアケア法を見直して、
「本当に自分の髪と頭皮が喜ぶヘアケア」を行ってください。

 

正しいヘアケアの5つの基本ポイント

 

1.シャンプー前に頭皮の汚れを取るクレンジングを行う

 

(1) シャンプー前のクレンジング液を頭皮に直接塗ります。目に入らないように額にタオルを巻くといいでしょう。
(2) 頭皮全体にクレンジングをなじませたら、指の腹で軽く押しながら頭皮をマッサージします。
(3) 時間があれば蒸しタオルを巻いたり、シャンプーキャップをかぶって、10分程度置くと、頭皮の汚れが浮き上がってきます。
(4) その後、充分にお湯ですすいでください。

 

2.シャンプーはやさしく、すすぎは念入りに

 

(1) 自分の髪の悩みや、頭皮、毛根の状態をしっかりとチェックした上で、自分に合った最適のシャンプーを選びます。
(2) まずシャンプーを手にとって濡れた髪になじませながら軽く泡立てて、1回目のシャンプーは早めにすすぎます。
(3) 2回目のシャンプーも、よく泡立てて髪と頭皮を泡で包み込むようにします。
(4) 泡で頭皮の汚れを取り除くために指の腹で頭皮を軽くこすりながらマッサージします。決して爪を立てたり、力を入れすぎないようにしましょう。
(5) すすぎはシャンプー剤が残らないように念入りに行ないます。せっかくのヘアケアも、シャンプー剤を頭皮に残したままだと、頭皮の毛穴づまりの原因になり、発毛とは逆の結果になってしまいかねません。特に生え際はすすぎ残しになりやすいので、気をつけましょう。

 

3.コンディショナーで髪の毛を守る

 

(1) 毛先から頭皮までまんべんなくコンディショナーをつけます。
(2) 2?3分、コンディショナーをつけたままにしてから、温水で地肌からていねいにすすぎます。

 

4.育毛剤で髪の成長をサポート

 

育毛剤はシャンプーとコンディショナーを使い終わった清潔な頭皮に、頭頂部、後頭部、側頭部と、頭全体にムラなくなじませます。

 

5.朝晩2〜3分のヘッドマッサージ

 

(1) 手のひらで小さな円を描くように頭全体を押しながらマッサージします。
(2) 指の腹で襟足から頭頂部に向かって頭皮を軽く揉み上げるようにマッサージします。
(3) 頭の両サイドと襟足から頭頂部へ指の腹で頭皮を軽く弾くように軽くたたきます。
(4) 指の腹を使いながら、ゆっくりと頭にあるツボを刺激します。ツボを押すときに息を吐くように深呼吸すると、リラックス効果もアップします。

 

一度覚えてしまえば、誰でも簡単にできるヘアケア法です。
ぜひ毎日の発毛ケアとして、今日からスタートしましょう。